9月の内容(毎月第3日曜日)

日時 9月15日(日)

会場 エル・おおさか

研修部 701号

 

 午前の部 { 10:00 – 12:00 }

 【出欠&代表挨拶】 10:00 – 10:15

 

 【1時限目】 10:15 – 12:00(105分)

  1.基礎実技

    ※一部、視覚をカットした実技を行う

  a)ウォーミングアップ(姿勢や30秒押手など)

  b)基本刺鍼(五十難を応用した季節の治療穴・陰陽調和の手法・外虚内実のツボ反応)

  c)脈・尺膚・腹の変化や改善を捉える(三菽皮毛を基本にする)

  d)改善できない場合、なぜできないのか検討し、実践できるようにする

 

 

 お昼休憩

 【ランチョンセミナー】 12:15 – 12:45

  「気の思想から治療を考える」演者:竹下祐平

 

 

 午後の部 { 13:15 – 17:00 }

 【2時限目】 13:15 – 14:15(60分)

  1.座学「季節の治療を用いるための基礎知識 邪正抗争」演者:中本功一  司会:本田滋一

 

 【3時限目】 14:15 – 16:40

  1.応用実技(前半) 14:15 – 15:25(70分)

  ・治療イメージを持つ(邪の処理の順序)

   明確な治療目標を設定することでシンプルかつスピーディな治療に繋げる

   a. 何がどうなれば患者が治癒できるのかをイメージする

   b. まず目立った病態をシンプルに捉えることから始める

   c. 目立った病態を自分の術(スピーディな手技)で改善できる

 

  ・治療技術の強化

  「術」が実践できるレベルまで繋げる。

   a. スキルアップの応用として病態を改善するポイントを会得する

 

  2.応用実技(後半) 15:30-16:40(70分)

  ・五十難の応用

  ・自然と体の調和から病の発生機序までを理解し治療ができるようにする。

   季節の影響を受けた人体が基本である

   五邪が季節の身体を侵した場合も治療対象にする

 

 【後片付け】 16:40 – 16:45

 【反省会】  16:45 – 17:00

 

 

申込はこちら (メールフォームへ移動します)

大阪漢方鍼医会入門講座 第2クール(初級) 704号

 【対象】 一般

 【実技】 13:00 – 16:00

 てい鍼のみでも出来る古典鍼治療

1日目「座学と技術チェック」

 

1.開講に当たっての挨拶と、古典鍼治療とてい鍼についてのプレゼン[講師、森本繁太郎]

2.治療上大切なテクニック「姿勢、補の手、押手、刺し手」と診察法「望、聞、問、切」と、治療法「取穴法、補瀉法」等のチェック[講師、森本繁太郎]

3.2を総合した技術チェック[講師、森本繁太郎]

申込はこちら (メールフォームへ移動します)

8月の内容(毎月第3日曜日)

8月 大阪漢方鍼医会定例会のお知らせ

日時 8月18日(日)
会場 エル・おおさか
研修部 研修室2(5F)

午前の部 { 10:00 – 12:00 }
【出欠&代表挨拶】 10:00 – 10:15

【1時限目】 10:15 – 12:00(105分)
  1.基礎実技
    ※一部、視覚をカットした実技を行う
  a)ウォーミングアップ(姿勢や30秒押手など)
  b)基本刺鍼(五十難を応用した季節の治療穴・陰陽調和の手法・外虚内実のツボ反応)
  c)脈・尺膚・腹の変化や改善を捉える(三菽皮毛を基本にする)
  d)改善できない場合、なぜできないのか検討し、実践できるようにする

お昼休憩
【ランチョンセミナー】 12:15 – 12:45
  「難経脈論に則った季節と漢方はり治療及び陰陽調和の手法」演者:藤田剛

午後の部 { 13:15 – 17:00 }
【2時限目】 13:15 – 14:15(60分)
  1.座学「季節の治療に取り組んで来た結果見えて来たもの」演者:森本繁太郎  司会:本田滋一

【3時限目】 14:15 – 16:40
  1.応用実技(前半) 14:15 – 15:25(70分)
  ・治療イメージを持つ(邪の処理の順序)
   明確な治療目標を設定することでシンプルかつスピーディな治療に繋げる
   a. 何がどうなれば患者が治癒できるのかをイメージする
   b. まず目立った病態をシンプルに捉えることから始める
   c. 目立った病態を自分の術(スピーディな手技)で改善できる

  ・治療技術の強化
  「術」が実践できるレベルまで繋げる。
   a. スキルアップの応用として病態を改善するポイントを会得する

  2.応用実技(後半) 15:30-16:40(70分)
  ・五十難の応用
  ・自然と体の調和から病の発生機序までを理解し治療ができるようにする。
   季節の影響を受けた人体が基本である
   五邪が季節の身体を侵した場合も治療対象にする

【後片付け】 16:40 – 16:45
【反省会】  16:45 – 17:00

7月の内容(毎月第3日曜日)

7月 大阪漢方鍼医会定例会のお知らせ

日時 7月21日(日)
会場 エル・おおさか
研修部 701号

 午前の部 { 10:00 - 12:00 }
 【出欠&代表挨拶】 10:00 - 10:15

 【1時限目】 10:15 - 12:00(105分)
  1.基礎実技
    ※一部、視覚をカットした実技を行う
  a)ウォーミングアップ(姿勢や30秒押手など)
  b)基本刺鍼(五十難を応用した季節の治療穴・陰陽調和の手法・外虚内実のツボ反応)
  c)脈・尺膚・腹の変化や改善を捉える(三菽皮毛を基本にする)
  d)改善できない場合、なぜできないのか検討し、実践できるようにする


 お昼休憩
 【ランチョンセミナー】 12:15 - 12:45
  「本治法と標治法」演者:中本功一


 午後の部 { 13:15 - 17:00 }
 【2時限目】 13:15 - 14:15(60分)
  1.座学「『難経』五十難を応用した五季(季節)の治療について」演者:竹下祐平  司会:本田滋一

 【3時限目】 14:15 - 16:40
  1.応用実技(前半) 14:15 - 15:25(70分)
  ・治療イメージを持つ(邪の処理の順序)
   明確な治療目標を設定することでシンプルかつスピーディな治療に繋げる
   a. 何がどうなれば患者が治癒できるのかをイメージする
   b. まず目立った病態をシンプルに捉えることから始める
   c. 目立った病態を自分の術(スピーディな手技)で改善できる

  ・治療技術の強化
  「術」が実践できるレベルまで繋げる。
   a. スキルアップの応用として病態を改善するポイントを会得する

  2.応用実技(後半) 15:30-16:40(70分)
  ・五十難の応用
  ・自然と体の調和から病の発生機序までを理解し治療ができるようにする。
   季節の影響を受けた人体が基本である
   五邪が季節の身体を侵した場合も治療対象にする

 【後片付け】 16:40 - 16:45
 【反省会】  16:45 - 17:00

6月の内容(毎月第3日曜日)

日時 6月16日(日)
会場 ドーンセンター
    ※今月はいつもの会場ではありませんのでご確認ください

研修部 中会議室3

午前の部 { 10:00 - 12:00 }
【出欠&代表挨拶】 10:00 - 10:15

【1時限目】 10:15 - 12:00(105分)
  1.スキルアップ講座(講師:森本繁太郎)
  1-1.方法
  視覚をカットした実技

  1-2.目的
  ・昨年度のスキルアップ講座で得たスキルを更にアップする

  1-3.内容
  1一番美味しいツボの見つけ方と触り方
  2脈状の手触り
  3病脈の第一目標に何を設定すれば良いのか
  4良い押手のポイント
  5オ血など改善しにくい人の病態把握、改善させるポイント
  6バランスの良い立ち方の復習
  7講師をモデルにして一人一人が要穴に鍼を行う

お昼休憩
【ランチョンセミナー】 12:15 - 12:45
  「第24回漢方鍼医会夏期学術研修会大阪大会について」演者:本田滋一

午後の部 { 13:15 - 17:00 }
【2時限目】 13:15 - 14:15(60分)
  1.座学「季節による素因・体質」演者:中本功一  司会:本田滋一

【3時限目】 14:15 - 16:40
  1.応用実技(前半) 14:15 - 15:25(70分)
  ・治療イメージを持つ(邪の処理の順序)
   明確な治療目標を設定することでシンプルかつスピーディな治療に繋げる
   a. 何がどうなれば患者が治癒できるのかをイメージする
   b. まず目立った病態をシンプルに捉えることから始める
   c. 目立った病態を自分の術(スピーディな手技)で改善できる

  ・治療技術の強化
  「術」が実践できるレベルまで繋げる。
   a. スキルアップの応用として病態を改善するポイントを会得する

  2.応用実技(後半) 15:30-16:40(70分)
  ・五十難の応用
  ・自然と体の調和から病の発生機序までを理解し治療ができるようにする。
   季節の影響を受けた人体が基本である
   五邪が季節の身体を侵した場合も治療対象にする

【後片付け】 16:40 - 16:45
【反省会】  16:45 - 17:00

-----------------------------------------

大阪漢方鍼医会 学術部 中本
mail: kuroechi@lilac.plala.or.jp

-----------------------------------------
6月1日 11:31
 

5月の内容(毎月第3日曜日)

日時 5月19日(日)
会場 エル・おおさか
研修部 701号

 午前の部 { 10:00 - 12:00 }
 【出欠&代表挨拶】 10:00 - 10:15

 【1時限目】 10:15 - 12:00(105分)
  1.基礎実技
  a)ウォーミングアップ(姿勢や30秒押手など)
  b)基本刺鍼(五十難を応用した季節の治療穴・陰陽調和の手法・外虚内実のツボ反応)
  c)脈・尺膚・腹の変化や改善を捉える(三菽皮毛を基本にする)
  d)改善できない場合、なぜできないのか検討し、実践できるようにする

 お昼休憩
 【ランチョンセミナー】 12:15 - 12:45
  「気について」演者:竹下祐平

 午後の部 { 13:15 - 17:00 }

 【2時限目】 13:15 - 14:15(60分)
  1.座学「迷わず治療をするには」演者:河村士人  司会:本田滋一

 【3時限目】 14:15 - 16:40
  1.応用実技(前半) 14:15 - 15:25(70分)
  ・脈から治療イメージを持つ(邪の処理の順序)
  2.応用実技(後半) 15:25-16:40(70分)
  ・病態を改善できるポイントを会得する

 【後片付け】 16:40 - 16:45
 【反省会】 16:45 - 17:00

4月の内容(毎月第3日曜日)

日時 4月21日(日)
会場 エル・おおさか
研修部 701号

 午前の部 { 10:00 - 12:00 }
 【出欠&代表挨拶】 10:00 - 10:15
 【定期総会】 10:15 - 12:00

お昼休憩

研修部 701号
 午後の部 { 13:15 - 17:00 }

 【1時限目】 13:15 - 14:15(60分)
1.座学「素難医学を踏まえた、季節に対する漢方はり治療」 森本繁太郎(相談役)

 【2時限目】
1.基礎実技14:15 - 15:25(70分)
・姿勢、切診(三菽の触り方、季節の脈など)、取穴、陰陽調和の手法など

2.応用実技15:25-16:40(70分)

 【後片付け】 16:40 - 16:45
 【反省会】 16:45 - 17:00

3月の内容(毎月第3日曜日)

日時 3月17日(日)
会場 エル・おおさか

研修部 701号
 午前の部 { 10:00 - 11:45 } 
 【出欠&代表挨拶】 10:00 - 10:15
 【1時限目】 10:15 - 11:45
1.スキルアップ講座(講師:森本繁太郎)(90分)
1-1.目的
・胃の気の出せる取穴、押し手、刺鍼ができるように
1-2.内容
「スキルアップ講座を開催する意義とその具体的手順について」

 1 プレゼン「スキルアップ講座を開催する意義」
 2 姿勢「立位ならびに座位」のチェック
 3 患者とのラポールが構築出来る手のチェック
 4 診察「脈診・腹診・尺膚診・背診・切経」などのコツのチェック
 5 外虚内実を意識した取穴方のチェック
 6 取穴時よりも少し軽めの押手のチェック
 7 無駄な力の抜けた刺し手のチェック
 8 てい鍼を使っての刺鍼のチェック
 9 学術部から示されたその季節の邪を捉える脈診の修練と、その月のツボを使いこなす訓練
 10 癖のチェックポイント一覧
 11 本会は講習会ではなくて研修会である。よってモデル患者も研修者のサポートを積極的に行う必要が有る。

お昼休憩 

研修部 701号
 午後の部 { 13:15 - 17:00 }

 【2時限目】 13:15 - 14:45(90分)
座学(実技グループディスカッション)「春の邪の診察法と治療法」(代表:本田滋一)

 【3時限目】 14:45 - 16:40
2.応用実技
2-1.目的
・シンプルな診察法を習得する事により、治療時間の短縮を図る
2-2.内容
・四診法(望聞問切)を駆使して、季節の邪や五邪を捉える
・次に、それらに関係のあるツボを取り、瀉法を行ない、胃の気のある脈を作る
・精気論側からの考察も合わせて行う事によって、病態の分析力を深める

 【後片付け】 16:40 - 16:45
 【反省会】 16:45 - 17:00

大阪漢方鍼医会入門講座 第3クール(初級) 704号
 【対象】 一般
 【実技】 13:00 - 16:00
 てい鍼のみでも出来る古典鍼治療
3日目「診察・診断から治療の実際および講座のまとめ」

1.治療上大切なテクニックと診察法から治療法までを、講師や助手のサポートを受けながら、受講者それぞれが自分のものに出来たかを確認するプログラム
2.全体を通しての質疑応答
3.受講者からの感想
4.講評と閉講の挨拶[講師、森本繁太郎]
5.講座修了証書の授与[助手]

2月の内容(毎月第3日曜日)

日時 2月17日(日)
会場 エル・おおさか

研修部 701号
 午前の部 { 10:00 - 12:15 } 
 【出欠&代表挨拶】 10:00 - 10:15
 【1時限目】 10:15 - 11:45
1.スキルアップ講座(講師:森本繁太郎)(90分)
1-1.目的
・胃の気の出せる取穴、押し手、刺鍼ができるように
1-2.内容
「スキルアップ講座を開催する意義とその具体的手順について」

 1 プレゼン「スキルアップ講座を開催する意義」
 2 姿勢「立位ならびに座位」のチェック
 3 患者とのラポールが構築出来る手のチェック
 4 診察「脈診・腹診・尺膚診・背診・切経」などのコツのチェック
 5 外虚内実を意識した取穴方のチェック
 6 取穴時よりも少し軽めの押手のチェック
 7 無駄な力の抜けた刺し手のチェック
 8 てい鍼を使っての刺鍼のチェック
 9 学術部から示されたその季節の邪を捉える脈診の修練と、その月のツボを使いこなす訓練
 10 癖のチェックポイント一覧
 11 本会は講習会ではなくて研修会である。よってモデル患者も研修者のサポートを積極的に行う必要が有る。

―――――――― お昼休憩 ―――――――――――

 ランチョンセミナー{ 12:15 - 12:45 }
「ムンテラの強化(病態把握と治療介入による予後)」(学術部長:中本功一)

研修部 701号
 午後の部 { 13:15 - 17:00 }

 【2時限目】 13:15 - 14:45(90分)
座学(実技グループディスカッション)「春の邪の診察法と治療法」(代表:本田滋一)

 【3時限目】 14:45 - 16:40
2.応用実技
2-1.目的
・シンプルな診察法を習得する事により、治療時間の短縮を図る
2-2.内容
・四診法(望聞問切)を駆使して、季節の邪や五邪を捉える
・次に、それらに関係のあるツボを取り、瀉法を行ない、胃の気のある脈を作る
・精気論側からの考察も合わせて行う事によって、病態の分析力を深める

 【後片付け】 16:40 - 16:45
 【反省会】 16:45 - 17:00

大阪漢方鍼医会入門講座 第3クール(初級) 704号
 【対象】 一般
 【実技】 13:00 - 16:00
 てい鍼のみでも出来る古典鍼治療
2日目「診察・診断法から治療法までの理論およびテクニックとプロセスの習得」

1.座学「私の診察・診断法」[講師、森本繁太郎]
2.1で学んだ診察法をベースに素早く邪を見つけ出し、それを適切に処理する瀉法を習得するプログラム
3.技術面を主にした質問会

入門講座の申込はこちら (メールフォームへ移動します)